不動産 平均的な売却期間に関して

こんにちは!

センチュリー21エステートSHINの浅利です。

本日は、不動産の平均的な売却期間に関して書いていきます。


不動産の売却期間(売り出しから成約まで)は、平均的に3~6か月と

言われています。

このうち、マンションの方が売れやすく3か月程度、一戸建てでは6か月程度と

なるのが一般的です。

但し、場合によっては1年、2年と長い期間を要する事例もありますので、

それらを合わせた平均値が前述のデータとなっています。

都市部では特に売却期間が短い傾向にあります。

自宅が早く売れるに越したことはありませんが、過度な売り急ぎは、

安売りしてしまう最も大きな原因となりますので、しっかりとした査定を

行ってもらえる不動産会社を見つける事が非常に大事になります。

不動産の売却には少なくとも3~6か月の期間がかかる事を念頭に

動きを取られる方がいいですね。



センチュリー21エステートSHIN
浅利祐作

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-675-118

営業時間
9:30~19:00
定休日
火曜日・水曜日

浅利祐作の画像

浅利祐作

部署:売買営業・賃貸営業

資格:運転免許証/販売士2・3級/簿記3級/ICTプロフィシエンシー検定準2級/危険物取扱者乙種4類/証券外務員/珠算検定3級

お客様のご要望に徹底的に寄り添います!

関連記事

売却査定

お問い合わせ